拒絶反応が起こりにくい特殊なiPS細胞

iPS細胞研究所では、拒絶反応が起こりにくい特殊なiPS細胞を希望する大学等に配布することを予定しているのだそうで、期待されています。

何らかの原因で病気やけがで失われてしまった体の組織を再生する再生治療に大いに期待されているiPS細胞ですが、個々に用意すると経済的に高くついてしまう点が問題だったのだそうです。

そこであらかじめ拒絶反応の起こりにくいタイプのiPS細胞を用意して、より扱いやすくするようにしようとする試みのようです。

まだ様々な臨床試験や研究段階であるiPS細胞の利用方法について、コスト的な敷居を低くすることでより様々な研究がやりやすくなることでしょう。

今後は、目の網膜や脊髄損傷などの再生治療において、より一層臨床研究がやりやすくなると考えられますので、実用化に向けた研究がやりやすくなることでしょう。